タグ「トニカクカワイイ」が付けられている記事

彼らは本当は何を目的にしたんだろうか。 トニカクカワイイ第276話「NASAトーク」 このエントリーをはてなブックマークに追加 彼らは本当は何を目的にしたんだろうか。 トニカクカワイイ第276話「NASAトーク」

トニカクカワイイ第276話「NASAトーク」

a

千歳たちに司の不老不死の力への説明。
以前から説明されているように、
司の不老不死はわかりやすく言えば、クラウドストレージの考え方。
健全な状態のデータを持っていて、司が傷ついたりしたら、復元している。

千歳の理解は「サーバーとの接続が切れれば、元の人間に戻れる」。
だいたいそれであってる。
そのサーバーとの接続をどうやって切るのかという話なんだけど。

続きを読む "彼らは本当は何を目的にしたんだろうか。 トニカクカワイイ第276話「NASAトーク」"

あのフォーマットが出来上がってるってすごいよなー。 トニカクカワイイ第275話「脳内再生余裕」 このエントリーをはてなブックマークに追加 あのフォーマットが出来上がってるってすごいよなー。 トニカクカワイイ第275話「脳内再生余裕」

トニカクカワイイ第275話「脳内再生余裕」

a

やっぱり、御伽女子高の生徒は、司が過去あった人物に似ているんだな。
犬養さんの面影があるのは、三蔵法師ですね。

不死者の心臓を食べたら、不死になれるのか?

その疑問は司が否定した。
それが出来るなら司は死んでいるし、死ななくても不死者がたくさんいることになる。

けど、司の血には何かしらの治癒効果がある。

おかげで肩こりが少し治った。

続きを読む "あのフォーマットが出来上がってるってすごいよなー。 トニカクカワイイ第275話「脳内再生余裕」"

そういうときの言葉は大体寝言だよ。 トニカクカワイイ第274話「夜のナサくん」 このエントリーをはてなブックマークに追加 そういうときの言葉は大体寝言だよ。 トニカクカワイイ第274話「夜のナサくん」

トニカクカワイイ第274話「夜のナサくん」

a

夜中にふと目が醒めてしまうことはある。
そんな時にナサくんは、隣で寝ている司にキスしてみようかなと思った。
......いつも通りのナサくんだな。
そういえば、司も夜によく起きる気がする。

夫婦揃って夜中に起きて、受け答えをしているけど、司はほとんど寝ています。

寝てたり、寝ぼけてるのに正確に会話する人がいるとかいないとか、聞いたことあるなー。
司はそのタイプか。

続きを読む "そういうときの言葉は大体寝言だよ。 トニカクカワイイ第274話「夜のナサくん」"

負けると思うじゃん? そんなことなかったんだよ。 トニカクカワイイ第273話「勝っても負けても」 このエントリーをはてなブックマークに追加 負けると思うじゃん? そんなことなかったんだよ。 トニカクカワイイ第273話「勝っても負けても」

トニカクカワイイ第273話「勝っても負けても」

a

ナサは模試の結果一位です。
ええ......あの一問のミスで負けるのだと思っていましたよ。

ナサが勝ったということは、
アシモはひまりと付き合えないということですね。
ラブコメ展開的には残念なところではあるが、
アシモとひまりの関係が何らか進展するのに、まだまだ物語が必要ということですね。

続きを読む "負けると思うじゃん? そんなことなかったんだよ。 トニカクカワイイ第273話「勝っても負けても」"

きっとその一問が勝負を決める。 トニカクカワイイ第272話「集中と拡散」 このエントリーをはてなブックマークに追加 きっとその一問が勝負を決める。 トニカクカワイイ第272話「集中と拡散」

トニカクカワイイ第272話「集中と拡散」

a

ナサくんのブレーキが壊れてる。
たぶん不老不死システムを壊すためのなにかをやってるのかな。

そんなブレーキが壊れたナサくんをみて、司は心配になってる。
それは過去に時子や真魚、道真など、自分と関わってきた人たちの後ろ姿を思い出したから。

でも、その頃よりは、ナサは司にとって近くて大事な存在なのだから、
適度にブレーキを踏んであげることができるよね。

続きを読む "きっとその一問が勝負を決める。 トニカクカワイイ第272話「集中と拡散」"

誰しもそれを求めることを考える。 トニカクカワイイ第271話「渇望」 このエントリーをはてなブックマークに追加 誰しもそれを求めることを考える。 トニカクカワイイ第271話「渇望」

トニカクカワイイ第271話「渇望」

a

不老不死になりたい。

それはひまりが望んでいること。
人が死ぬ場面を見てしまえば、「死」に対して恐怖を覚えるのは当たり前だと思う。
その恐怖を回避できる手段があるなら、不老不死になりたいと思うよなー。

続きを読む "誰しもそれを求めることを考える。 トニカクカワイイ第271話「渇望」"

人にわかりやすく説明するって大変だよね。 トニカクカワイイ第270話「理解は遠く」 このエントリーをはてなブックマークに追加 人にわかりやすく説明するって大変だよね。 トニカクカワイイ第270話「理解は遠く」

トニカクカワイイ第270話「理解は遠く」

a

ナサが不老不死システムの運用を考えた場合、そのままの構成では運用しない。

地上の司と月の向こうのデータの同期が切れることは想定済み。
もし、同期が切れたとしても運用に影響が出ないようにするために対策を打っておく。
それはそうだね。
システムの継続は大事だからね。

ナサくんは「僕ならシステムにRAIDを組み込んでおく」。
RAIDについてはGoogle先生に聞いて下さい。
簡単に言えば、HDDやSSDが壊れてもデータ復旧できるようにしている仕組みです。

ただ作内のナサの説明だと
月の向こう側とデータが同期できない状態で、
司に何かがあって復旧できない(=回復させられない)状態が出ても
どうにかする仕掛けだね。

それが恐らく月の公転周期と同じ27日間、同期が出来ない、
或いは司の意志で同期を妨げた場合の強制回復の仕組みを担ってるんだろうな。
まだナサが不老不死システムを具体的にどうやるかはわからない。

続きを読む "人にわかりやすく説明するって大変だよね。 トニカクカワイイ第270話「理解は遠く」"

君を一人にさせない。トニカクカワイイ第269話「50億年の孤独」 このエントリーをはてなブックマークに追加 君を一人にさせない。トニカクカワイイ第269話「50億年の孤独」

トニカクカワイイ第269話「50億年の孤独」

a

不老不死になってから司は何度も月を見上げてきた。
月に向ける感情は憎しみだった。

不老不死システムの仕組みを知ってわかったのは、
月と自分は一心同体だった。
まさに天と地に分かたれた自分自身というわけか。

司は、不老不死を解除できるかもしれないことを知って、安心した。
月を壊す。そんなことは実現できないかもしれない。
でも、永遠に続くと思っていた生命が終わることができるかもしれない。

これでようやく死ねる。
そんなことを言うなよ。

続きを読む "君を一人にさせない。トニカクカワイイ第269話「50億年の孤独」"

神様だって、それから逃れることはできない。トニカクカワイイ第268話「天と地」 このエントリーをはてなブックマークに追加 神様だって、それから逃れることはできない。トニカクカワイイ第268話「天と地」

トニカクカワイイ第268話「天と地」

a

先週の引きで、司の不老不死を解除するには、月を破壊する必要がある。
と言ってたけど、その理由を今回、ナサが説明している。

究極的に月がなくなると、不老不死のシステムが維持できなくなる。
月になにかシステムがあるわけじゃない。
これは輝夜姫の時に「月からの使者」が月に還らなかったことと、
人類が月に到達したときや写真を見たときになにもなかったことから
わかっていた(月の中に何かある可能性はあったかもしれない)。

ここで司が自分の再生能力を最大27日止められることが出てくる。
それがやっぱり月の公転周期と一致していることに気が付いた。

続きを読む "神様だって、それから逃れることはできない。トニカクカワイイ第268話「天と地」"

月は出ているか? と、サテライトキャノン撃つ的なやつ。 トニカクカワイイ第267話「遙か天空より」 このエントリーをはてなブックマークに追加 月は出ているか? と、サテライトキャノン撃つ的なやつ。 トニカクカワイイ第267話「遙か天空より」

トニカクカワイイ第267話「遙か天空より」

a

司はナサが浮気してるのでは?と思っていたけど、
そんなことはなくて、不老不死の力の源泉の話。
司が想像していたこととのギャップの大きさよ。
浮気とかじゃなかったよ。

続きを読む "月は出ているか? と、サテライトキャノン撃つ的なやつ。 トニカクカワイイ第267話「遙か天空より」"

隠しごとはない方がいいに違いない。 トニカクカワイイ第266話「あんまりそわそわしないで」 このエントリーをはてなブックマークに追加 隠しごとはない方がいいに違いない。 トニカクカワイイ第266話「あんまりそわそわしないで」

トニカクカワイイ第266話「あんまりそわそわしないで」

a

前回のナサの発言から「まさか、浮気?」という疑念を持っている司だけど、
まずはなにもなかったように振る舞うことにした。

......いや、下手か。

もう何かありましたよ。が全開じゃないか。
さすがにナサも気が付きますよ。
じゃあ、一体何をしたのかをナサは考える。

司の反応から浮気を疑われていること、その原因が自分の発言であることに辿りつく。
答えを導き出すまで、0.4秒。
さすがナサくん。

続きを読む "隠しごとはない方がいいに違いない。 トニカクカワイイ第266話「あんまりそわそわしないで」"

人の勘違いを解くのって大変なんだよね。 トニカクカワイイ第265話「気が付くと課金してる」 このエントリーをはてなブックマークに追加 人の勘違いを解くのって大変なんだよね。 トニカクカワイイ第265話「気が付くと課金してる」

トニカクカワイイ第265話「気が付くと課金してる」

a

要が大事なことを言っている。

夫婦円満の秘訣は、秘密を作らないこと。

大事だね。

秘密があると後ろめたさに繋がって、普段の行動や言動に出てしまうのですよ。
それに気が付かれると、変な疑いを向けられて、関係が悪くなるんですよ。

続きを読む "人の勘違いを解くのって大変なんだよね。 トニカクカワイイ第265話「気が付くと課金してる」"

いや、怒ってないから。怒ってないって。怒ってない! トニカクカワイイ第264話「愛の過充電」 このエントリーをはてなブックマークに追加 いや、怒ってないから。怒ってないって。怒ってない! トニカクカワイイ第264話「愛の過充電」

トニカクカワイイ第264話「愛の過充電」

a

別に司は怒ってないんですよ。
ナサと紅さんがイチャイチャしてるように見えたことに怒ってるわけじゃないですよ。

ナサが生徒にちょっかいかけられただけなんだよ。

でも、司の表情はめっちゃ怒ってます。
思考は客観的に状況を捉えているけど、怒ってますね。
司は、とりあえず、いったん出てくることにしたけど、
周りからしたら、怒って出ていったと見えるやつです。
当然ナサも追いかける。

ナサと司の後を追うことにしたのは、犬養さんと輝夜。
輝夜は194話-196話でナサが提唱していた「ラブインフレーション理論」を
確かめたいらしい。
......あの時の話が今生きてくるの?

続きを読む "いや、怒ってないから。怒ってないって。怒ってない! トニカクカワイイ第264話「愛の過充電」"

人が欲しがるものほど、持っている人には不要だったりする。 トニカクカワイイ第263話「千四百年の憂鬱」 このエントリーをはてなブックマークに追加 人が欲しがるものほど、持っている人には不要だったりする。 トニカクカワイイ第263話「千四百年の憂鬱」

トニカクカワイイ第263話「千四百年の憂鬱」

a

ナサが司の不老不死の仕組みについて理解した。
仕組みがわかったところで、解決には至らない。
でも、ナサの反応を見ると、解決方法はなにかわかっているんだろうな。

それにしても不老不死の仕組みか。
前回の引きだと「27日」について考えていたからな。
それが関係するんだろうけど......。
司の場合、再生能力を停止させても、強制的に発動してしまう。
どっかに健全な状態の司の情報がバックアップされていて、
蓬莱がそれと同期させてるとかなのかな。

不老不死の仕組みは、どこかで開示されるでしょう。

続きを読む "人が欲しがるものほど、持っている人には不要だったりする。 トニカクカワイイ第263話「千四百年の憂鬱」"

それの価値を誰が決められるだろうか。トニカクカワイイ第262話「刃の記憶」 このエントリーをはてなブックマークに追加 それの価値を誰が決められるだろうか。トニカクカワイイ第262話「刃の記憶」

トニカクカワイイ第262話「刃の記憶」

a

司が包丁で指を切った様を、ひまりは観察していた。
彼女の予想通りだと、司の指の傷は塞がって、すぐにでも血が止まる。
でも、そんなことはなかった。

あれ?

これにはカラクリがあって、司は再生する力をある程度コントロールできる。
再生速度以外もコントロールできるらしいけど、
再生部位とかもいけるのかな?

司も最初から力のコントロールができたわけではない。
それが必要な場面があって必死に足掻いた中で気が付いた


再生を止められる時間は、最大で約27日。
それを超えると強制的にリセットされる。

この27日って......月が地球を一周する時間=公転周期だよな。
正確には27.3日。
だから、司が最大で約27日と言ってるのか。

ともあれ、司の再生速度を制限して、ひまりをやり過ごすことができたわけだ。

続きを読む "それの価値を誰が決められるだろうか。トニカクカワイイ第262話「刃の記憶」"

変化球よりも直球勝負の方が効く場面は意外とある。 トニカクカワイイ第261話「幸せな日々へ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 変化球よりも直球勝負の方が効く場面は意外とある。 トニカクカワイイ第261話「幸せな日々へ」

トニカクカワイイ第261話「幸せな日々へ」

a

ナサの集中力が高いことはよくわかっている。
集中状態の彼の周りで何をしようが、声を掛けようが、ほとんど反応しない。
たとえ、司が着替えようとしても、その宣言をスルーするほど。

え、あのナサくんが?
ナサくんのえっちーのナサくんが?

聞こえてないのかと思ったけど、
バッチリ聞こえていて、夜、司に迫る。

やっぱり、ナサくんのえっちーじゃないか。

続きを読む "変化球よりも直球勝負の方が効く場面は意外とある。 トニカクカワイイ第261話「幸せな日々へ」"

冷蔵庫をみたらだいたいわかるよね。トニカクカワイイ第260話「足跡の化石」 このエントリーをはてなブックマークに追加 冷蔵庫をみたらだいたいわかるよね。トニカクカワイイ第260話「足跡の化石」

トニカクカワイイ第260話「足跡の化石」

a

不老不死の伝説の一つに、八百比丘尼がありますね。
さまざまあるけど、人魚の肉を食べたら不老不死になるというのがオーソドックスかな?
ひまりのお母さんは「はっぴゃくびく」と言ってるけど、
福井県あたりでの呼び方ですね。
福井県の他に福島県会津市地方でも読んでいるかな。

トニカクカワイイの世界では、日本各地に八百比丘尼伝説があるのは、
その「八百比丘尼」が各地を旅していたからという扱いか。
なので、司のことを指してると考えていいでしょう。

この「八百比丘尼」が生きているなら、1400歳くらい。
本当、八百比丘尼伝説と司の1400年生きている話を繋げたのは上手いと思った。
いろいろ考えて設定を作っていると思うんだけど、
これは上手いな。

続きを読む "冷蔵庫をみたらだいたいわかるよね。トニカクカワイイ第260話「足跡の化石」"

忘れられない光景がある。 トニカクカワイイ第259話「記憶」 このエントリーをはてなブックマークに追加 忘れられない光景がある。 トニカクカワイイ第259話「記憶」

トニカクカワイイ第259話「記憶」

a

作内時間2018年、その七年前。
つまり2011年。
何があったのか。
そうあの震災。
ひまりが母親を亡くしたのはあの時だった。

司はひまりを助けて、彼女がその場に留まらなくていいように、
自ら瓦礫の下敷きになって、死んだ。

ひまりがその光景をみたら、確かに司が死んだと思うし、
まさか7年後に再会するなんて思いもしないだろう。

しかも、死ぬ様を見てしまったのだから、忘れられるわけがない。

続きを読む "忘れられない光景がある。 トニカクカワイイ第259話「記憶」"

負けられない戦いと負けてあげられない戦いがある。 トニカクカワイイ第258話「過去問って解くだけでも大変」 このエントリーをはてなブックマークに追加 負けられない戦いと負けてあげられない戦いがある。 トニカクカワイイ第258話「過去問って解くだけでも大変」

トニカクカワイイ第258話「過去問って解くだけでも大変」

a

司はナサの味方をしないのか?
前回、伊坂先生をけしかけて、負けたら仕事を手伝うという条件を増やすことで、
勝負のハードルを上げてるように見える。

でも、司はどこまでいっても、ナサの味方。
ただ、この場合、勝負に勝つことをサポートすることが、
必ずしも味方としての動きではないってことなんだろうな。

そういえば、アシモがナサに勝つ方法があると言ってたけど、
それは......マークシート方式であること。

......勝つ方法ではないよなー。
記述式だとナサに勝つことは難しい。
でも、マークシート方式なら答えは四択。
それならまだマシという話。

もちろん、アシモもそれだけじゃ、足りないことはわかってる。

続きを読む "負けられない戦いと負けてあげられない戦いがある。 トニカクカワイイ第258話「過去問って解くだけでも大変」"

伊坂先生のこれまで丸わかり。 トニカクカワイイ第257話「一人暮らしの大学生活を満喫しようとしたら、産んだ覚えのない娘が出来た件」 このエントリーをはてなブックマークに追加 伊坂先生のこれまで丸わかり。 トニカクカワイイ第257話「一人暮らしの大学生活を満喫しようとしたら、産んだ覚えのない娘が出来た件」

トニカクカワイイ第257話「一人暮らしの大学生活を満喫しようとしたら、産んだ覚えのない娘が出来た件」

a

伊坂先生の過去の話。
学生時代の伊坂先生は可愛い。
うん。かわいい。
周りの友達からも「かわいい」と言われて、異性から守られていた。
守られすぎて破廉恥なことに触れることがなかった。

でも、当時の伊坂先生は破廉恥なことに興味があった。
興味津々よ。

興味あるものから離されることで、余計に興味が湧いちゃうヤツじゃん。
そんなこんなで高校生活は彼氏が出来ることなく終了。

続きを読む "伊坂先生のこれまで丸わかり。 トニカクカワイイ第257話「一人暮らしの大学生活を満喫しようとしたら、産んだ覚えのない娘が出来た件」"